佐々木則夫監督の年俸はいくら?また娘や名言が超凄い!

佐々木則夫
Pocket

さて、佐々木則夫監督がリオ五倫まで続投が決まりましたね。
佐々木監督の指導歴が更に更新されて長期政権になっていってますね。


ワールドカップで世界一を取ったと言う確かな輝かしい実績
あるので異論はないと思います。

カナダワールドカップでも
厳しいと言われる中で決勝まで言ってますからね。

素晴らしい監督ですね。


そんな佐々木監督についてあれこれ調査してみました!

スポンサードリンク


そもそも代表監督の前は何をやってたの?



いきなりですが、監督はなでしこを率いる前は何をしていたんでしょうか?
サラーリマン?家庭教師?
色々妄想は膨らみます。

まず、
2006年の1月1日から、サッカー日本女子代表コーチ及びU-17日本女子代表監督に就任。

2007年からはU-20日本女子代表監督を務めます。

2007年12月7日に前監督である大橋浩司の契約任期満了による退任を受け、日本女子代表監督に就任します。
監督としての初戦となった東アジアサッカー選手権2008(中国・重慶)では、
3戦全勝で日本女子代表に初タイトルをもたらしという
いきなり実績を残しているんです。

後は、北京で初の4位、
ドイツでワールドカップを制覇、ロンドンで初メダル獲得、
ワールドカップ2大会連続の決勝と今に至ります。

指導者としては以上のような経歴です。


選手時代は今の大宮アルビージャの前身クラブである
電電関東/NTT関東でプレーをしていたそうです。

スポンサードリンク




名言がすごい?



そんな佐々木監督の面白い名言を紹介したいと思います。

・どうやって選手を笑わせるか常に考えている

出典:佐々木則夫 名言

・なでしこジャパンは、いつだってよく笑う。特に平常心を失いがちな場合こそ、
笑うことで頭をクールダウンさせることができる、と僕は考えている。
心は熱く、頭はクールに。その状態を保つことで、僕たちは達成すべき課題を冷静に見つめ直し、
自分たちが本当にやるべきことを見失わずにすむのだ

出典:ビジネス名言ポータル


1つ目の部分ですが、監督は男性であり、接する選手は女性ですので、
女性の心理についてちゃんと考えているなと思いました。
基本つまらない男は女性を相手にしてくれないです^^;
監督がからと威張らずエンターテイナーに徹する素晴らしいですね。

なでしこ世界一

2つ目は
世界一になったなでしこは、今の社会組織とは正反対の事をやっていることに
驚かされました。
笑うという人間の大切な要素を持ちつつ、
課題にも真剣に向き合う!素晴らしいです。

上手く秘訣がここに詰まっていそうですね。


改めて佐々木監督の偉業を動画で振り返る!
⇒動画:鳥肌級!日本中が感動した!ワールドカップの激動とは?



娘さんが超美人!?



佐々木監督には美人の娘さんがいるのですが、
知ってましたか?


それがこの方!

佐々木則夫の娘
千尋さんです!

佐々木監督の一人娘の千尋さんはサッカー経験者でロンドンに留学していたという
サッカーサラブレットなんです。

千尋さんの夫はイングランド人のようで、

カナダワールドカップ準決勝の相手は日本はイングランドの為
少し身内で揉めた!みたい事も言ってますね。


世界一を取る監督の年俸はヤバい?




佐々木監督は世界を制している監督です。

いったいいくら貰っているのか?


ちなみにサッカーのクラブ監督で一番貰っているのが、

ジョゼ・モウリーニョ

23億6千万円です。


代表監督だと、

ロシア代表のカッペロ監督の

11億7千800万円のようです。

2014年ブラジルワールドカップを制したドイツ代表監督

レーブは、3億5千600万円のようです!

さすがに代表だとこのくらいですね!


果たして、佐々木監督の給料は・・・・?

600万円のようです。

驚愕!安すぎますよね。

本も出されてますが、本の印材は安いので、印税を含めても
ちょい高のサラリーマンを変わりません!


世界一を取ったのと、なでしこの影響力を
強くしたから1000万円でもいいと思います。


男子よりも遙に結果を出しているので協会は給料を
上げてもいいと思います。



今後の佐々木監督はどうなるんでしょうか?
いずれは、男子の監督もやってみて欲しい気持ちはあります。
リオでの活躍期待してます。


佐々木監督もポスト澤の期待!ルックスも抜群の田中陽子の現在とは?
なでしこジャパンでサッカー選手の田中陽子の現在は?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>