北の湖理事長がガンや重病の原因はサウナだった?

北の湖
Pocket

さて本日相撲界の重鎮である

北の湖理事長が亡くなりました!
このニュースは相撲ファンや芸能界にとっても
超重要なニュースとなり
今年2015年の大きなニュースになるでしょう!

 

そんな北の湖理事長についてまとめてみました!

スポンサードリンク

北の湖理事長についてWIKI風にまとめてみた!

 

さてまずは簡単に、北の湖理事長について
簡単に紹介していこうと思います。

◆北の湖 敏満(きたのうみ としみつ)本名:小畑 敏満
◆1953年5月16日 満62歳
◆第55代横綱
◆AB型
◆身長 179cm/体重 169kg

★★戦歴★★

生涯戦歴 951勝350敗107休(109場所)
幕内戦歴 804勝247敗107休(78場所)
優勝 幕内最高優勝24回
賞 殊勲賞2回
敢闘賞1回

中学卒業間際の1969年3月には

15歳9ヶ月で幕下に昇進するなど

「北の怪童」の異名を取り、
十両以下の優勝(下位優勝)がないまま、

1971年5月場所に17歳11ヶ月で十両に昇進。
というエリート出世コースを歩まれてきました!

 

そんな北の湖現役最高ともいえる試合がこちら!
⇒動画:ファンは鳥肌級の最高の試合とは!

すごくいい試合ですね!

 

北の湖が亡くなった理由について!

さて今回北の湖が亡くなった理由についてですが、

 

両側水腎症説や
癌の説があります。


 

両側水腎症というのは、
尿が体外に排出されず

腎臓にたまる病気で、
北の湖理事長はただちに

尿管を広げる手術を受けたといいます。

 

さらに3年前には、

直腸がんになり、内視鏡による除去手術を受けているようです。
ちょうど相撲界が盛んに荒れていた時期?頃だったような・・・

 

またがんは肝臓や肺などに転移している噂があり、
もう厳しい状況という意見もありました。

 

しかし、病気以外の説もあったようなのです。

その説とは?

sponsored link

病気以外の説もあった!

 

実は上記で挙げた病気以外の説もあるんです!!

 

それが、

サウナです!

北の湖はサウナが大好きでした



ん?サウナに入りすぎて脱水症状になったからなの?
とう声が聞こえてきそうです!

 

脱水症状と太りすぎもあって、

脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。
といった声もありますが、

 

脱水症状によって

筋肉が衰えたからではないかなとも思います。
北の湖はここ数年が恐らく運動不足でしょう!

北の湖2
脱水症状と太りすぎもあって、

脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

 

運動をするメリットには、
免疫力を高める
インスリン感受性を高めるというものがあり、
代謝促進、肥満防止
血糖コントロールを改善する事が分かっています!(糖尿病を防ぐ)


 

運動しないと↑の効果が出ない事もそうですが、
筋肉が上記の効果をもたらしてくれると言う説もあります。

 

筋肉の働きを助けてくれるのに、
水があります。

 

水分です!
つまり脱水症状になって水分が外に出て
体の機能を助ける成分が外に出たので、

サウナ説も飛び出したのかもしれないですね。

 

相撲界は重鎮を失って
今後どうなるのか?要注目ですね!



北の湖親方とは盟友で一時代を築いた輪島大士とは?
輪島大士の近況や現在!貴乃花は自分の子供だった?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>